相性の良い精油とは

アロマオイルは、単品で使用しても大変よい香りで、リラックス効果がありますが、オイルを混ぜ合わせることでさらに香りの深みが増し、効能の相乗効果が起こります。
ローズマリー・ベルベノンは、ローズマリーの精油、ベルベノンという化学成分をもつ精油です。

 

ローズマリーは美肌にきく精油として様々な化粧品に使われています。

 

また、ベルベノンは、心のイライラを軽減したり、肝臓の負担をやわらげる効果があります。

 

スッキリした香りの精油です。そして、このローズマリー・ベルベノンも他の精油とブレンドすることでさらに広範囲のケアをすることができます。

 

今回は相性のよい3つの精油をあげます。
まずは、ユーカリです。ユーカリは、心を鎮める鎮静作用があり、イライラしている時に最適です。

 

ローズマリー・ベルベノンと同じ効果をもっているため、二つの精油を混ぜ合わせることで、より深いリラックス効果を得ることができます。

 

二つ目は、ティーツリーです。ティーツリーは、免疫をあげる効果があります。菌やウイルス、感染症を予防する効果があります。

 

ローズマリー・ベルベノンの肝臓をケアする効果と合わせて、体を健康な状態に保つためのケアをすることができます。

 

最後のフランキンセンスには、心を落ち着かせる効果の他、美肌効果もあります。

 

ローズマリー・ベルベノンと合わせて使うことで、アンチエイジングや美肌効果があります。

コメントは受け付けていません。