精神面へ与える効能について

人間には、疲労と一言で言っても、精神的疲労と肉体的疲労の2通りがあるのです。

 

また、肉体的疲労は体の強弱の関係もありますが、明らかに疲労とわかる部分でもあるのです。

 

しかし、精神的疲労については、人それぞれ感じ方も感情も違う為、わかりにくい部分となるわけなのです。

 
例えば、1の事を10に感じる人もいれば、5に感じる人もいるわけなので、また、その逆に感じる人もいると考えれば、果てしないものであり精神的疲労を考える事がどれだけ難しいのかわかる事なのでしょう。

 
それでは、どうしたら相手の精神面を考えてあげる事ができるのか?それは、100%は不可能なのです。

 

しかし、100%は不可能でも、それに近づける努力は誰もができる事なのです。

 

例えば、意欲的に言いたい事がある場合、ふと相手の気持ちを考えてあげる余裕というのが必要となります。

 

また、イライラして相手にそのまま伝えるのではなく、そのイライラを違う方面に持って行ける事が1番なのです。

 
ですから、相手の精神的疲労を考えるのであれば、自分本位ではなく相手の立場になり物事を考えてあげる心構えが必要となるのでしょう。

 

なぜなら、自分以外はみんな自分とは全く違う考え方や感じ方を持っているのですから。

コメントは受け付けていません。